2017年6月25日 (日)

10両編成の列車をカメラカーにするべきなのか

今日は疲れております。お昼は子どものサッカー大会にお付き合いし、帰宅後はJ2の打ち合いの試合をグルグルするDAZNに怒りながら見ていました。大河ドラマ見て、風呂入って、アトム ザ・ビギニングの録画を見て、もう私に残された日曜日はありません。

意味もない「6月は毎日ブログ更新」なんて気まぐれがなければ、一日鉄道模型のことは考えない日です。

E2333000g

という訳でネタはないのですが、ものを考えていなくても、予約商品は届くわけで、ヨドバシカメラさんが、こいつを届けてくれました。E233系3000番台のグリーン車です。

再生産がされるのかどうか、わからないままに、でも、ヨドバシが注文受付中だったので、発注をかけていたのでした。

なんでこんなものを買ったかと言えば、当然、間もなく発売されるはずの、車載カメラシステムセット(E233-3000系)、があまりにも短いからです。

以前のTOMIXの車載カメラシステムと違い、Wi-Fiで繋ぐ今回のカメラシステムは、線路の汚れや車輪の汚れに影響されず画像が送れますから、それなりに安定した画質が得られるはず。発売がアナウンスされた時から心待ちにし、以前持っていたキハ187系のカメラシステムは処分しました。

しかし、今回のTOMIXの車種選びにはあまり納得がいっていません。

確かに、以前のキハ187系は万人に受ける車両という訳ではなく、ちょっとポジショニングの難しい車種選びだったように思います。古いおじさんには好まれないバリバリ最近のしょぼくなった特急型気動車ですし、若い世代にも、首都圏とも関西圏ともあまり縁のない車種ですから、食指の伸びはイマイチでしょう。これがキハ189系のように大阪まで乗り入れている車両ならまた別だったでしょうが。

とはいうものの、2両編成で完結する列車。しかも特急型車両、そしてディーゼルカーということで、手軽さとワクワク感は両立する(まぁ、ワクワクしない人も多いかと思いますが)選択であることは確かだったかと思います。特急ディーゼルカーですから架線下でも違和感ないですし。
何よりも、2両編成でもサマになるということは重要で、複線でほかの列車を走らせているときに、こいつを対向させるなんて遊びも、すぐにできる訳で、悪くない選択肢です。

しかしながら、E233系3000番台。湘南色ですよね。良く知らないのですが、東海道線の電車ですよね。上野東京ラインとか。

車載カメラシステムのセットは3両編成。いわゆるベーシックセットとかの内容です。E233系3000番台であれば、本当は15両編成。まぁ、短い10両編成でもいいでしょう。でも、10両編成です。10両編成でなければサマにならない。

残念ながセット内容は付属編成の5両にはならない内容で、手軽に遊びたいなら3両のままで遊びなさい。それが嫌なら最低10両にしなさい、というちょっと迷惑な仕様です。

E233系にした理由は、大きな前面ガラスにあることはなんとなく理解できます。カメラを積むには先頭車の仕様はちょうどいいですよね。だったら、中央線のH編成であったり、京葉線の6+4であったり、もっと短い編成でも絵にもなるような選択肢だってあったように思います。

ちょっと、不親切かなぁと思う訳です。個人的には313系であったりキハ25であったり、あのあたりの2両編成とかにできなかったのかな、とか。もう少し華のある特急型車両のような選択肢はなかったのかなぁ、とか。カメラカーのような、一般受けのするギミックだからこそ、負担の少ない車種選択をするべきではなかったかと。。

まぁ、仕方ないですけどね。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年6月24日 (土)

On30で遊びたいのに、子どもの勉強が終わらない

母親に言われて、息子が勉強しています。多分、宿題だかなんだかが終わっていないのです。

息子にはまだいわゆる子ども部屋を与えておらず、お勉強はダイニングテーブルで行っています。

娘も結構、ダイニングテーブルでいろいろやっています。流石に最近は自分の部屋の机に向かうことが多くなりましたが。

という訳でダイニングテーブルは取り合いです。

On302_2

2-6-0です。これも中古店で手に入れました。客車とボックスカーと一緒に、安めに売られていたので一気に捕獲。

2-6-0はもともと廉価版? 一応Spectrumですが、作りはシンプル、パーツも少ない。ロッド回りも簡易型っぽいです。

でも、塗りはキレイで、なかなかいい感じです。R370も普通に曲がります。走りもスムーズ。

問題は、ダイニングテーブルが空いてからレールを組み立てて、走らせて、でも寝る前に片付けて、となると、結構あわただしいんですよね。21時過ぎてからせいぜい2時間。

広いスペースが欲しいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年6月23日 (金)

KATOの383系が届く前に、マイクロエースの383系を整備しましょう

それなりに、383系のしなのには乗ったことがあります。

普通に用事があって乗ったこともあれば、名古屋に行くのにあずさとしなのを乗り継いだり、大阪しなの廃止時に、名古屋-大阪で乗ってみたり。最終的に、長野-大阪も乗りとおしたりしました。

KATOから383系が再生産されるという報を聞き、普通に基本セットを一つ予約しました。が、我が家には、マイクロエースの383系があるのです。

買ったのは、4両の増結セット。マイクロエースだから動力付き。ヨドバシで安売りしていたのを買いました。

で、寂しくなってポチの餌箱で、2両の増結セットを見繕ってきました。

という訳で、すでに383系は4+2の6両があるのです。

さて、4+2ですから、先頭車同士が繋がるのです。早速、JC6324??だかを買ってきて、TNカプラーでつないだのですが、間隔が詰まりすぎてしまいます。どうやら、TNカプラーが引っ込みすぎ。そもそも、スカートも引っ込みすぎ。

ただ、それでも、普通に走行はできます。問題は、貫通路の扉が開いたパーツを付けると、繋がらないのです。

383系の貫通路の扉が開いたパーツ。これこそが、マイクロエースの383系の良さ。扉が閉じたままつなぐのなら、KATOのでいいのです。

せっかくマイクロエースを持っているなら、やっぱり貫通路の扉を開きたい。

幸いなことに、色々な先人が、このあたり加工してくれているので、参考にして。

38302

まずは先頭部の床板の出っ張りを少し削り取り。

38303

TNカプラーの取り付け部もこんな感じで切り取ります。

こんな風にして、床板の前側のぽっちに、TNカプラーの後ろ側を少しひっかけるくらいにすると、丁度いい位置に来ます。先人の加工だと、床板のTN取り付けのポッチを削ったりするケースが多いようですが、あえて残してみました。

実はこの、ちょっとだけひっかけでも、組み立ててしまえばしっかりと固定されます。

ただ、やはり不安ですので、いつものように両面テープで固定。

38304

どれくらい引っ込むかというと、こんな感じです。手前が、加工前(カプラーだけ0339の腕の長いのに交換しています)、奥が、加工後。

38305

横から見ると、こんな感じ。

38301

適切な位置に来たように思います。

38306

扉を開けていても、間隔的にはばっちり。

38307

急カーブでも大丈夫でしょう。

さぁ、マイクロエースの383系の加工は終えました。さぁ、KATOの383系を迎え撃つぞ。




つううか、片方だけじゃいかんのかい。。。。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年6月22日 (木)

いい歳をしたオジサンなんだから、On30くらいやってみたらどうだい

いつも愚痴愚痴、嫌な話ばかり書いているブログです。

もちろん、自分でもこういう姿勢は好きではないのです。せっかくお金を使って遊んでいる鉄道模型、もっと楽しむべきで悩むべきではない。


カラッと楽しく遊ぶには何がいいか。少なくともそれは、近い存在ではありません。


Nゲージが泥沼への近道な理由は、それがあまりに身近すぎるから。E259系を買って満足はしません。209系2100番台も、E217系も、257系500番台も、255系も。際限なく欲しい範囲は広がっていきます。

そして、毎月発売になる新製品は、それを手に入れることを可能にしてしまいます。

以前、このブログで、私は千葉県の鉄道が全然模型化されていないと愚痴ったことがありました。しかし、今は、全部あります。TOMIXが209系2100番台を出してくれるので完成です。JRな房総特急も、全部KATOが出してくれました。




少し遠い、あるいは、すごく遠い。それくらいが、ホントはちょうどいいのかもしれません。


庭に、Gゲージがあります。すっかり手入れを怠っていますが、Gゲージが精神的負担になることはありません。楽しい玩具です。

猫屋線も買いました。増やしすぎちゃいけないなぁと思いつつも、これも精神的負担にはなりません。

ナローは、人生を豊かにしてくれても、スポイルしないかもしれません。いい歳をした大人が、手に取ってニタニタと笑うのは、クハE233よりも、ポーター亀の子の方が似合います。


On301

実は、これが初めてのOn30ではないのですが。


Oナローなんて、縁があるとは思っていませんでしたが、今年に入って、ポチポチと、仲間が増えてきました。ぽちから来たのはこいつだけですが。


バックマンのOn30は、スケールモデルという意味では意見が分かれるモデルのようですね。私には詳しいことはわかりません。でも、KATOのユニトラックで走るOスケールは、正しく大人が遊べるおもちゃでしょう。ファインスケールがどうしたこうした、なんて議論は忘れて、気楽に遊べるんだけど、でも、存在感はまさにオジサンにこそ相応しい。


今夜はOn30で遊ぶから、ちょっとスモーキーなモルトウィスキーを買って帰ろうか。そういう力が、このスケールの鉄道模型には、あるような気がします。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年6月21日 (水)

結局、ドア帯ありの12系買ってきました。。。

お恥ずかしい話ですが、結局、ドアに白帯のある12系、買ってきました。。。

12

スハフ+オハ+オハ+オハフの4両セットにオハ単品を入れて、5両編成。

詳しいことはわかりませんが、福知山線やら山陰線、基本編成は5両編成だったみたいで。これにオハとスハフの2両、オハフ1両で、7両編成だったり8両編成だったり。

12系1000番台も、4両セットにオハ単品で予約しているので、今回のドア帯ありの車両と混ぜて、5両編成を2セット作ってもいいですし、1セットの7両編成や8両編成を作ってもいいでしょう。

これで、やめにします。決定。もう青いのは買わない。

高崎の12系。。。。。どうしようかなぁ。。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年6月20日 (火)

あなたのそのパーツ交換、効果ありますか?

良いものを見つけました。えっと、いつだっけ、半年くらい前だっけ? それとも3か月くらい前だっけ。

中古屋さんに格安でぶら下がっていました。

Tn01

鉄コレです。クモハ41とクハ55の、たぶん小野田線のセット。ボディマウントのTNカプラーに交換済み。
でも、見ていただくとわかるように、黄色の警戒色が入っていません。

そう、前オーナーさんが、上から茶色を塗ったようで。

色をかなり完璧に合わせたのかたまたまなのか、最初は「こんな仕様の鉄コレってあったっけ」と悩むような仕上がりでした。で、これがN化されて格安でぶら下がっていたと。

まぁ、普通買いますよね。

Tn02

しかし、よく見ていただきたいのですが、TNカプラーが、いわゆる普通のTNカプラー。型番で言えば0336とかに入っている奴。つまり、新性能車についている密連です。

これではいけません。せっかくの旧型国電です。やっぱり旧国のゴツイ密連でないと。

Tn03

再生産かかっていたのでしょうか。潤沢に売っていたので、少し多めに購入します。さぁ、交換だぁ。

Tn04

交換を済ませました。見てみてください。カプラー交換の効果抜群。旧型国電らしい、無骨さが強調されました!!













と思いますか?

私には一緒に見えるんです。いや、もちろん、カプラーを見れば違うのはわかるんですけど。でも、全体から受ける印象は全然変わらない。効果的かと問われれば、「たいして変わらんやん」

まぁ、交換したTNカプラーは別のところで使うので、まぁ、そんなに金銭的被害はないのですが。

さて、こういう茶色いクモハ41とかを何に使いましょう。

Tn05

近代化改装済みのモハ72やら、3段窓のクハ79やら。

組み合わせて7両にして、スカイブルーの103系と並べたり、201系と並べたり、205系と並べたり、はたまた321系と並べたり。

なかなかに夢は広がります。多分、パーツ交換していなくても夢は同じように広がっていたことでしょう。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年6月19日 (月)

良い衝動買いと悪い衝動買いはあるんだろうか

ちょっと、落ち込んでおります。部屋が片付かないのです。

私の部屋が片付かないだけではなく、その余波が家のあちこちに溢れて、その結果として、家がとても雑然としています。

結構、嫌なんです。この状況。

身内にモノに執着して、結果としてあまり良い状況を残さなかった事例を見ている者で、やっぱり物事、すっきりと片付いていたほうが良い。でも、小さい頃から片づけができず、雑然と仕切っている自分としては、自分主導できちんと片づけができない。

一方、最後の砦の家人も、私の乱行ぶりに、いい加減諦めが入ってしまっているようで、そのことが、状況をさらに悪くしています。

モノを減らすのか、整理を突き詰めるのか。

そういう意味では、新たなモノが増えるのは、やっぱりまずい状況な訳で。

でも、そういう時に衝動買いをするのです。

117100

正確に言えば、欲しかったものであることは確かなのです。だから、基本、後悔はないのですが、さて、どうしましょう、という話にはなります。関西系の電車はもう増やす余地はないのに。

117系100番台って、国鉄型車両の一つの完成系なんですよね。117系でも185系でも、211系や213系でもなく、117系100番台こそが、国電の完成系。正統派モハ52の後継車。

一方で悪い衝動買いといえば、京急のブルースカイトレインだったり。。。。走らせると、結構好きなんですけどねぇ。でも、一家言あるどころか、確か見たことがるような気がする、というレベルの電車。ご紹介用の写真を撮ろうかと思ったのですが、あまりにも情けない気がしたのでやめました。

良い衝動買いも悪い衝動買いも、結局は衝動買い。でも、計画的な買い物であれば、すべて正しい訳ではなく。

解決策は、結局は四次元ポケットでしょうか。。。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年6月18日 (日)

寸暇を惜しんで乗り鉄を

水戸に行く用事がありました。本当は昨日の夜にも水戸にいるべきだったのですが、日中の仕事のせいでそれはかないませんでした。なので、朝、家を出て水戸に向かいます。

2a_2

水戸に行くのは特急ときわ、です。っていうか、そうなんですね。もうフレッシュひたちではないんだ。。。思わず自由席特急券を買いそうになったのですが、念のため駅の時刻表を見たら、全車指定でした。

2b_2

今日は、カメラを持ってなくて、しかもiPhoneも忘れてきて、iPadminiで写真を撮ってます。なんか、時々そういうオバサンとかいますよね。あの状態です。

2c_2

初めて見ました。この指定席発行済みのランプ。自分の席がどこか探すのが便利ですが、昭和は遠くになりにけり。

2d_2

思わず、サインの意味を探るために、折り畳みテーブルの裏側を見ます。。。

さてさて、上の写真を見ていただくとお分かりになりますが、車内販売の案内が入ってます。おぉ、昼行特急の車内販売だ。昔は当たり前のものが、そういえば、これも絶滅危惧種。

2e

早速、コーヒーを買うべく、ビューカードの請求書に入っているクーポンを用意しますが。

土浦を過ぎ、石岡を過ぎ。。。。友部についても車内販売は回ってきませんでした。。。

車内はガラガラ、この列車には車内販売乗ってないんじゃないかという疑念が。。。

さて、そうこうするうちに水戸に到着。初めてのE657系体験は1時間程度で終了。

水戸で、少し汗をかいて、メロンをたらふく食べたら。

今度は帰路です。

2f_2

常磐線に乗るのも芸がないので、今度は鹿島臨海鉄道。6000形もずいぶんくたびれました。

一昨年くらいに鹿島臨海鉄道には乗っています。6000形にも。でも、乗れるときに乗っておかないと。葬式鉄になって「ありがとー」とか叫びたくはないので。

2g

だって、途中駅にはこんな感じで新型車両がいます。今回、初めて知りました。ロングシートでトイレなしなんですね。。。。

2h

ガルパンもちゃんといました。

さて、鹿島臨海鉄道というと、6000形も魅力ですが、各駅の微妙に古臭い感じが懐かしかったりします。

2j

2i

大洗鹿島線ができたころ。1980年代。以前なら古臭いと感じなかったものが、今になってみるととても昭和な懐かしい雰囲気に変わってしまっています。こういう駅の広告も、今になっては懐かしい感じ。

2k_2

駅名板もこういう感じ、すっかりなくなりましたね。

鹿島臨海鉄道って車両もそうですし、路線もそうですが、微妙に「国鉄」っぽい訳です。成り立ちを考えれば当然ですが、その後、JR化の波に乗らず、第3セクター鉄道として最小限の更新を繰り返してきたことで、結果としてJRよりもずっと「国鉄」らしさを感じさせてくれる訳です。

2l

などと真面目に乗り鉄をしているみたいですが、実際には「乗り鉄」というよりも「呑み鉄」です。もう、アルコールなしに鉄道に乗り続けるパワーは私にはありません(笑

2m_2

鹿島神宮からはJRに戻るのですが、鹿島神宮駅にはまだまだ国鉄っぽさが残っていたり。

有人の改札口のブースが残っていたのには、さすがに驚きました。あ、写真クラウドに上げておくのの忘れていた。





にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年6月17日 (土)

寝台車の本を買ってきた

土曜日です。仕事です。疲れました。

作業する気にはなれないので、本をちらちらと開きます。

A

あまりこういうムック本を買うことはないのですが。たまたま寄った書店にあったもので。

新しい知識が載っている訳ではありませんが、このあたりのページにひかれました。

B

戦前の寝台車史が詳しくまとめられているような本ってあるんでしょうかね。よくよく考えてみると戦前の知識はあんまりないことに気づきました。

趣味のエリアを広げる気はありませんが、資料やら写真を見ると、とても新鮮で素敵です。

でも、今日は寝るぅぅぅ



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年6月16日 (金)

地道にスハネフにボディマウントナックルを付ける

今日は帰宅して、ご飯食べて、野球見て、お風呂に入ったらやる気がなくなりました。

なくなったので何にもしていないのですが、少なくとも最近はこういうことを頑張っている、ということで。。。

はい、さくら・はやぶさに、富士・はやぶさ、そして単独末期のさくら。

整備をしないといけない訳です。

少なくとも、さくら・はやぶさと富士・はやぶさについては、スハネフの車掌室側のカプラーをボディマウントにしたい。

すでに過去にも行っているのですが、地道に続きを行います。材料は、KATOのスハネフ14のカプラーセットとジャンパー栓のセット。在庫はあります。

01

ジャンパー栓のついたベースの爪を切りとり(でもカプラー受けの爪は切らない)

02

床板に爪逃がしの穴を空け

03

強力?(比較的ですが)両面テープを貼り

04

出来上がり、です。

慣れてきたので、割とポンポンと作業ができるようになりましたが、後まだ3,4両ばかり作業が必要です。

これが終わったら、先日載せた出雲3・2号や北陸の8両編成も作業しないと。

地道な作業。。。。。実は嫌いです。。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

«ネタがない。。。。。